INTERVIEW

Episode2

仕事も子育ても精一杯楽しむ

KAORU副倉庫店長(新三郷倉庫店) 2004年入社

金沢シーサイド倉庫店のメンバーシップ部門に正社員として入社し、2005年10月にフロントエンド部門のスーパーバイザーに昇進。その後、札幌倉庫店のマーケティング・マーチャンダイジング部門マネージャーとして倉庫店の立ち上げに携わり、入間倉庫店にて副倉庫店長を経験。2016年9月、新三郷倉庫店へ。三児の母。料理やガーデニングなどに没頭する時間がリフレッシュになっている。

海外生活で馴染み深かったコストコ
カナダのモントリオールで生活していた頃、よくコストコを利用していました。帰国してから、日本にもコストコがあることを知って。私にとって馴染みの深い場所だったので、すごく嬉しかったですね。実際に倉庫店に足を運んでみると、カナダのコストコと全く同じ。ワクワクしながら買い物をしたことを覚えています。その後、たまたま金沢シーサイド倉庫店のオープニングスタッフ募集の求人を見つけ、「ぜひ働いてみたい!」と、迷わず応募しました。

入社後は、まず会員様の入会手続きを手掛けるメンバーシップカウンターに配属となりました。その後、レジなどを担当するフロントエンド部門のスーパーバイザー、マーケティング・マーチャンダイジング部門マネージャーを経て、入間倉庫店の副倉庫店長へ。現在は、新三郷倉庫店の副倉庫店長として勤務しています。副倉庫店長の仕事は、倉庫店運営に関わる全てです。人材育成や商品管理、販売戦略の立案、運営方法の改善などをはじめ、人手が足りていないときはパンを詰めたり、レジを打ったりすることもあります。
チームワークの面白さと、スタッフが成長する喜び
管理職にチャレンジしたのは、人材育成に興味が湧いてきたから。自分もスタッフに対して何かできることがあるんじゃないかと、思い切って手を挙げました。管理職に就いて実感しているのは、チームワークの楽しさです。目標を達成するために、スタッフのアイデアが一致して、いい成果に結びついたときは、チームとしての達成感を味わえます。他にも、スタッフがキャリアアップに意欲的になってくれたり、仕事にやり甲斐を持って、仕事で成功していく姿を目の当たりにすると嬉しくなりますね。スタッフの成長が、会社の成長につながる実感があります。

スタッフには、いつも楽しく仕事をしてほしい。これが私の願いです。せっかく働くなら、楽しいほうがいいですから。私自身が仕事を楽しむ姿を見せることで、スタッフにも伝わっていくといいなと思っています。他にも、誰とでも話しやすいオープンな雰囲気作りはもちろん、アイデアを実現できる会社であるために、スタッフからの意見を積極的に汲み取れるよう心掛けています。
子育てと仕事を両立するための手厚いバックアップ
コストコは入社歴の長い方も多く活躍しています。中には日本法人立ち上げの頃から、約20年間にわたって勤務されている方もいるくらい。長く働ける理由は、挑戦し続けられる環境があるからだと思います。コストコには自分の意志で他部門のポジションに立候補できる社内公募制度があるのですが、私はこの制度を使って、メンバーシップから、フロントエンドの管理職、札幌倉庫店の立ち上げなど、色々な仕事を経験してきました。飽き性な私ですが、こういうチャレンジできる環境があるからこそ、仕事をずっと続けられているのだと思います。

また仕事と家庭を両立できるように、バックアップがしっかり整っていることも安心です。休日休暇一つとっても、週2回の公休の他、充実した制度が整います。有給休暇は取得率ほぼ100%。スタッフ同士、協力し合う体制が整っているので休みも取りやすいです。疾病休暇や産前産後休暇、育児休暇も充実。私自身も3人の子どもがいるのですが、3回の産休・育休を取得して復帰しました。時短勤務制度もあり、活用しているスタッフもたくさんいます。
いつでもチャレンジ精神とパッションを持って
コストコにはさまざまな人が働いていて、年齢、国籍、性別などの壁がないことも魅力の一つです。オープンフラットな雰囲気だからこそ、誰もがのびのびと働くことができます。一人ひとりの個性やカラーを受け入れ、チャンスを与えてくれるので、モチベーションを持って仕事に携われていますね。

新しく入社される方は、チャレンジを恐れない人にお越しいただきたいです。そして、パッションを持って取り組める人だともっと嬉しいです。コストコでは自分のアイデアを形にして、成果が出たときには、会社全体でやってみようという流れになることも珍しくありません。これからも日々の仕事を楽しみつつ、成長を目指していけたらいいなと思っています。新しく入社される仲間と一緒に、色々なことに挑戦していきたいですね。

Schedule of the day

<ある1日のスケジュール>

07:00 起床
慌ただしい中で、子どもたちの朝食の支度や通学・通園の準備、着替えの手伝いを行う。
08:00 子どものお見送り
小学2年生の長女を小学校へ、長男・次男が通う保育園へお見送り。
10:00 出社
倉庫店の開店に向けて、スタッフの作業に漏れがないか倉庫店内の確認作業を行う。
12:00 ミーティング
倉庫店の各部門の管理職が集まり、売上状況の確認と具体的な施策の検討、繁忙期に向けての施策の洗い出しなどを行う。
13:00 ランチ
休憩スペースで食事を軽くすませ、空いた時間で倉庫店内を散策。
14:00 打ち合わせ
他の副倉庫店長との会議。各自の作業状況の確認や、現在の課題への対応などを検討する。
19:00 退社
レジや返品の集計作業など閉店に向けてのスタッフの業務をサポートする。
全体の業務を確認して、退社。
20:00 帰宅
子どもたちと少しお話をして、就寝の準備。子どもの就寝後は、1日を振り返りながら晩酌を楽しむ。

Episode

Episode1

明確なビジョンが仕事の原動力

Episode2

仕事も子育ても精一杯楽しむ

Episode3

一人ひとりの活躍が会社を変える

Episode4

期待を超えるための新しい挑戦